Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1177-e19def87

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1161]

先日はお疲れ様でした~。
実際にあったブラックダリア事件のリンクまで掲載されていて驚きました。
素晴らしいと思います!
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

[C1162] daf さん

コメントありがとうございます。
プレゼンを聞いて、当時の文化とかゲームの
世界観に惹かれるものがありました。
ゲーム専門のブログじゃないので、私の場合は
こういうアプローチですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

『L.A.ノワール』ブロガーディスカッション(2)

あなたは人目のお客様です。

『L.A.ノワール』ブロガーディスカッション(1)のつづき。

■ゲームの流れ
現場の写真撮影警察官となったフェルプスは、まずパトロール課に配属される。そして物語を進めていくごとに交通課殺人課風紀犯罪課放火特捜課と転属(出世)していく。そのステップアップに必要なのが、事件の解決である。
今回のプレゼンでは、交通課で遭遇する「落ちた偶像」という事件を観た(※開発中のもの)。

■グラフィック、字幕、音楽
・グラフィックのクオリティは素晴らしいの一言。プレイ画面とムービーの間に差を感じない。ロード時間も短いようだ。

検視官との会話・字幕の文字サイズは小さいが、これは他の海外作品も同様なので我慢するほかない。小さい画面でプレイする人は厳しいかもしれない。

・今回はあまり確認はできなかったが、音楽にも相当なこだわりを持って作っているとのこと。当時流れていた歌を使い、大人のサウンドを楽しめるようだ。

■捜査から解決まで
相棒と一緒に聞き込み捜査はバディ(相棒)と組んで行う。車で移動する時にはナビゲーターをしてくれたり(当たり前だがGPSやカーナビのない時代)、行き詰った時にヒントをくれたり、色々助けてくれる存在。物語の進展によって、複数の人間がバディになる模様。

現場で捜査の必要な場面になると、それ専用の音楽が流れる。鐘の音が含まれており、その音が聞こえなくなる=その現場で見ておくべきポイントを全て確認した、ということを意味する。

 関係者への尋問がゲームの鍵今作で最も鍵となりそうなのが、事件関係者への尋問。相手の回答について「信用する」「疑う」「反証する」(=証拠を突きつける)を選ぶ。言葉の内容や表情、証拠から判断する必要がある。尋問が終わると「正解 4/4」など結果が出て、これがその後のゲームの展開を変える。不正解があると回り道をすることになるが、それでしか見られない要素もあるようだ。

警官同士のやり取り興味深いのは、4つめの選択肢に「直感」があること。使うには条件があるようだが、「信用する」「疑う」「反証する」の中から選択肢を1つ減らしたり、またネットでSocial Club(RSのネットコミュニティ)につないで、世界の他のユーザーがどの回答を選んだか、数字を見ることができる。なにやら【クイズ$ミリオネア】を連想するような設定。

なお、ゲームの途中で会話のログを読み返すことができる。複雑な事件になると、やり取りを振り返って考える必要があるかもしれない。また、今回のデモで観られたのは日中の捜査だけだったが、夕方や夜に行う場合もある。時間帯によって表情を変える町並みを楽しむことができそうだ。

 激しいカーチェイス捜査の過程で起きる殴り合い銃撃戦カーチェイスは本編とシームレスに行われる。ダメージが蓄積すると画面がだんだんと白黒になっていく。ゲームオーバーになったら、オートセーブされたチェックポイントからやり直し。(なお、車での移動については、信号をはじめ交通ルールを無視しても問題ないようだ。銃を突きつけて車を奪うのではなく、警察手帳を見せて「紳士的に」借りることも可能)

アクションにはシームレスで移行事件を1つクリアするのに1~1.5時間かかる。各事件は独立しているが、登場人物は持ち越す場合もあり、やがてメインストーリーへとつながっていく。事件ごとに、プレイ内容に応じて5つ星で評価される。クリアした事件は、後になってやり直すことができる。ディスクを3枚使うXBOX360版だと、ディスク入れ替えが発生する場合も。

■イベントを終えて
公式HPをはじめ情報は色々と出ているが、実際に遊んでいる映像を観て、改めて質の高さを感じた。2004年に制作を発表してから完成に至るまで様々な苦労があったようだが、ユーザーの期待に応えられるだけの出来栄えと見た。オープンワールドアクションは、ここまできた。

大人の雰囲気を楽しめるゲーム本作のアメリカでの発売は5/17。それから2ヶ月経たずに日本版をが発売することは、RSの作品では最も間隔が短く、それだけに彼らにとって挑戦であるようだ。今回観た『落ちた偶像』事件では、英語の台詞と字幕の内容に違和感はなかった。良いローカライズに期待したい。

なお、PS3とXBOX360の製品版の内容に差はない。ただ、小売によって特典内容が変わるため、公式HPより情報を確認していただきたい。また、ダウンロード・コンテンツの販売も予定されている。現在利用できないPlaystation Networkについては「もうそろそろ復旧すると思う。早く使えるようになることをお祈りします」とのこと。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1177-e19def87

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1161]

先日はお疲れ様でした~。
実際にあったブラックダリア事件のリンクまで掲載されていて驚きました。
素晴らしいと思います!
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

[C1162] daf さん

コメントありがとうございます。
プレゼンを聞いて、当時の文化とかゲームの
世界観に惹かれるものがありました。
ゲーム専門のブログじゃないので、私の場合は
こういうアプローチですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。