Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1162-aa72fcaa

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

吉田修一【横道世之介】

あなたは人目のお客様です。

吉田修一【横道世之介】 単行本:432ページ 価格:1680円
 出版社:毎日新聞社 初版:2009年9月16日
 本屋大賞 2010年:3位

  評価:75点

内容(「BOOK」データベースより)
なんにもなかった。だけどなんだか楽しかった。懐かしい時間。愛しい人々。吉田修一が描く、風薫る80年代青春群像。

長崎の田舎町から上京してきた少年が、大学経営学部に入学して過ごす1年間を描いた作品。学校のモデルは、キャンパスの位置から法政大学と思われる。東久留米のマンションに住み、武蔵小金井の自動車教習所に通うなど、多摩北部に縁のある人には親しみを感じる内容。舞台となっている時代は1987年。そして、登場人物たちがその約20年後に回想する部分も含まれる。

吉田修一の作品は過去に【悪人】を読んでいて、人間の内面を鋭くえぐった文章が印象に残っている。ただ、今回は心穏やかに読み進めることができた。青春時代のふわふわした感情に胸が切なくもなった。盛り上がりに欠ける展開はマイナス。構成としては有川浩【キケン】と共通する部分があるので、あちらを気に入った方にはおすすめできる。 (読了日:2011年4月16日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1162-aa72fcaa

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。