Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1145-6314900f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

同好の士といえども

あなたは人目のお客様です。

世の中には様々な趣味があるけれど、「読書好き」というのは何か誤解されているのではないか、時々そう思う。単純に「本を読むのが好きだ」と言う人同士なら話が合うだろう…そんなことを考える人が多い印象を受ける。しかし、それは誤解というものだ。

「そういえば、あの人もよく本を読むらしいから話してみたら」とたまに紹介をされるのだが、いざ接してみると大抵は失望に終わる。中には「面白い本を教えてくれ」と言われたので薦めてみたら、「それは文庫本になってないから興味がない」で話を切られることがあった。また、新刊をよく購入する人に「なんで本を買わないの?」と聞かれることもあった。もっぱら図書館を利用する私のことが奇異に映ったのだろう。

私の場合、自分の好みや考えを知ってもらうには、これまでの書評を読んでもらうことが一番だと考える。しかし、自称本好きにブログのURLを教えたところで、反応に乏しい。何がいいとか悪いとかではなく、話をする前提条件が各々違いすぎるのだろう。

個人的には、手近なところにいる本好きには期待していない。それよりもネットでのつながりを重視している。自分の読んだ本について他の人がどう読んでいるか調べることは多いし、人の書評で知った作品を手に取る機会も少なくない。「ネットが普及して人は本を読まなくなった」と安易に片付けられがちだが、自分の場合はネットなしに今の読書は成り立たない。

特定の書評家に依存しているわけでも、読書好きの人間で固まるわけでもない。しかし、ネットの向こう側にいる顔の見えない誰か…ブックマークやサーチエンジンから私のブログにたどり着いた人…に、親しみを感じる。そんなことを思いながら、私は記事を書いている。 (執筆日:2011年2月27日)

この件についてはTwitterで書こうかと思ったが、内容をまとめるのが面倒になったのでブログにした。上記の内容だけでも700字以上あり、ツイート5回分に相当する。いつも文章を圧縮する作業をしていると、時として解放されたいと感じる。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1145-6314900f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。