Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1130-1724260e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

家本政明【主審告白】

あなたは人目のお客様です。

家本政明【主審告白】 構成:岡田康宏
 単行本:240ページ 価格:1575円
 出版社:東邦出版 初版:2010年8月12日

  評価:80点

サッカーファンだったら、家本政明の名前は知っている。とても有名な審判である。耳にするもののほとんどは悪い評判、と言って過言ではない。彼が笛を吹いた試合は荒れることが多く、私も幾つかそういうゲームを見てきた。しかしながら、彼自身が喋っている映像を見ると、とても真剣に仕事に取り組んでいることが窺えるし、レフェリーの世界での評価も高い。このギャップの大きさはどこにあるのか、かねがね気になっていた。本書は、家本へのインタビューをサッカーライターの岡田康宏が編集したものである。

内容的には、2008年3月に行われたゼロックススーパーカップの騒動とその後についてから始まる。当時彼への批判はすさまじいものであり、中には人間性をも否定する悪質な言動も含まれていた。「審判を辞めよう」と悩み、葛藤する姿に同情を禁じ得ない。やがて彼は周囲の支えで復帰するわけだが、そういった人々の厳しくも温かい言動が興味深い。特に師匠である夏嶋隆の「教わっていないことを教わっていませんと言って人のせいにするな。学ばなかったお前が悪いんだ」という言葉が、印象に残る。どのように人を育てるか(育てられるか)、あるいは「仕事で強い批判を受けた時にどう乗り越えるか」という視点で読むのも良いだろう。

他にも1人の審判の目線から、ピッチ内外のサッカーについての言及が記されている。トレーニングや体の使い方についての記述はわかりにくい部分もあるが、徹底的に取り組む姿に尊敬の念を抱く。プロのスポーツ選手でも、ここまでやっている人はそうはいまい。
レフェリーというのは無事に行うのが当たり前で、褒められることはない。しかし問題が起きたら真っ先に叩かれるし、しかも日本での地位は海外に比べてとても低い。私も知り合いにかつてJリーグの審判をしている人間がいたので、もっと認められるべきだと感じていた。日本サッカーの発展にはそういった要素も必要なのだろう。 (読了日:2011年1月29日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1130-1724260e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。