Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1125-b6a1ed1a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

齋藤智裕【KAGEROU】

あなたは人目のお客様です。

齋藤智裕【KAGEROU】 単行本:236ページ 価格:1470円
 出版社:ポプラ社 初版:2010年12月15日

  評価:30点

内容(「BOOK」データベースより)
第5回ポプラ社小説大賞受賞作。『KAGEROU』―儚く不確かなもの。廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で二人は、ある契約を交わす。肉体と魂を分かつものとは何か?人を人たらしめているものは何か?深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。水嶋ヒロの処女作、哀切かつ峻烈な「命」の物語。

まず最初に感じたのは、1ページあたりの文字数が少ないこと。芸能人のエッセイ本でこういうものを目にしたことはあるが、スカスカな感じ。ページ数も多くないので、2~3時間もあれば読むことができるだろう。文中に登場するカタカナが多く、主人公(40歳男性)のダジャレがものすごくつまらない。…といった感じで、出だしの印象は非常に悪い。

ただ、話としてはそれなりにちゃんと書けている。作者の死生観がよく伝わってくるし、頷ける部分もある。アイディアとしては悪くない。しかしそれはあくまで「素材」についてであって、作品の完成度はとても低い。ストーリーが練られていないし、登場人物の掘り下げ方も足りず、展開のテンポも悪い。選んでいる言葉から「正しい日本語を使おう」という意識は感じられるものの、表現の硬いところと柔らかいところの差が激しく、統一感に乏しい。医療を取り扱っているにも関わらず、文章から専門的な知識を勉強したことはうかがえない。全体的に「勢いで書いてしまったのかな」と思わせる。

他にポプラ社小説大賞受賞作を読んでいないが、このご時世で2千万円もの賞金に値する小説とは思えない。申し訳ないが、作者が水嶋ヒロであったことから大賞に選ばれたと断言しよう。「もし作品そのものを純粋に評価した」というならば、小説を見る目があるとはとても思えない。選考委員は全員ポプラ社の社員ということだが、小説家をじっくり育てるよりも、目先の売上を選んだのだろう。よかろう、それも立派な仕事だ。しかし面白い小説を求めている人間を満足させることはできまい。 (読了日:2011年1月5日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1125-b6a1ed1a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。