Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1124-673bd0ff

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

三津田新三【水魑の如き沈むもの】

あなたは人目のお客様です。

三津田新三【水魑の如き沈むもの】  単行本:576ページ 価格:1995円
 出版社:原書房 初版:2009年12月7日
 このミステリーがすごい!:7位
 本格ミステリベスト10:3位

  評価:70点

内容紹介
刀城言耶シリーズ書き下ろし長編!近畿地方のとある農村。村の人々が畏怖し称えてきたのは、源泉である湖の神・水魑(みずち)様だった。刀城言耶は祖父江偲とともに水魑様の特殊な儀式を観に行ったのだが、その最中、事件は起こる。神男と呼ばれる儀式の主役が湖の船上で死体となって見つかったのだ。犯人は見つからない。衆人環視ともいえる湖上の船、不可解な状況での事件だった。

【首無の如き祟るもの】【山魔の如き嗤うもの】以来、久々にこのシリーズを読んだ。ホラーとミステリを組み合わせたのが特徴だが、今回はあまりうまく融合できなかった印象を抱く。読んでいる時に「この恐怖の源はなんなのか?」と思っても作中で十分に説明されていない部分があるし、ミステリー要素だけを取り上げると、やや素っ気ない。枚数が多いせいか中盤以降の展開がダラダラしている気がした。真相について最後にきっちりまとめるあたりは巧く、温かみを感じさせる終わり方である。 (読了日:2011年1月5日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1124-673bd0ff

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。