Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1120-c600a396

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

木村元彦【社長・溝畑宏の天国と地獄】

あなたは人目のお客様です。

木村元彦【社長・溝畑宏の天国と地獄】 単行本:240ページ 価格:1260円
 出版社:集英社 初版:2010年5月25日

  評価:85点

内容(「BOOK」データベースより)
高級官僚から大分トリニータの社長に就任、15年でチームを日本一に導き、翌年財政破綻に追いやった溝畑宏。大分トリニータと元社長・溝畑宏に関する謎を解明し、様々な問題を暴くノンフィクション。

近年のJリーグで溝畑宏ほど持ち上げられ、こき下ろされた人間はいない。2008年に大分トリニータがJリーグ杯(ナビスコ杯)を制した時は絶賛され、翌年チームがJ2に降格して社長を解任された時は非難の嵐だった。この本は、そもそもなぜ大分にJリーグクラブが誕生することになったか、ということから描かれている。

それは自治省から大分県庁に出向していた溝畑の提案から始まった。父親の誘いで観に行った1990年のイタリアW杯。そこで盛り上がる地方の小さな街を見た時、「大分にもできるのでは」と彼は考えた。彼は当時大分県知事だった平松守彦を味方につけた。最終的に6期24年を務める平松は県において絶大な影響力を持っており、大分県=平松帝国といっても過言ではなかった。ゆえに企業は知事のために仕方なく協力した。しかしながら、溝畑以外に行政で熱心に働く者はおらず、県サッカー協会が力を入れていたわけでもなかった。

そういった状況において、スポンサー集めに奔走した溝畑の働き振りは凄まじいものがある。彼の活躍で、朝日ソーラーの林武志やペイントハウスの星野初太郎、マルハンの韓昌祐といった立志伝中の人物の協力を取り付けた。(特に韓昌祐についてはよく知らなかったが、傑出した人物という印象を抱いた)

しかしながら、綱渡りを続けた経営は幾度も危機を迎えていた。それが破綻したのが2009年だったわけである。確かに溝畑は目立つ存在であり、彼個人の責任もあるだろう(人間的には、とても好きになれそうもない)。だが、クラブを作ってから15年の間に確かな方向性を見出さず運営してきたツケが回ってきた、とも言えそうだ。J2に降格した2010年は15位で終えた大分トリニータ。再びJ1に上がれる日はくるのだろうか。地方クラブ運営の難しさについて、考えさせられる作品である。 (読了日:2010年12月19日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1120-c600a396

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。