Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1116-4cf3957a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

京極夏彦【西巷説百物語】

あなたは人目のお客様です。

京極夏彦【西巷説百物語】 単行本:609ページ 価格:1995円
 出版社:角川書店 初版:2010年7月24日

  評価:75点

内容紹介
人が生きて行くには痛みが伴う。そして、人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。

【巷説百物語】シリーズのメインキャラクター、又市の盟友である「靄船の林蔵(もやぶねのりんぞう)」を中心とした、大阪を根城にする一味の物語。時代としては、【巷説百物語】が終わった頃のようだ。このシリーズを読むのは久しぶりだったが、昔のものと比べて随分淡々と進んでいくなぁ、というのが率直な印象。サラッとしていて、あまり深みがない。ワクワクしたり、胸にグッと訴えてくるものがない。
ホラーの要素を含んだ「鍛冶が嬶」や、ホッとさせる「豆狸」は悪くない。しかし、全体として見ると魅力に乏しい。この作品でシリーズ最後という話も聞くが、ここで終わっても惜しくはないかな、と感じた。 (読了日:2010年12月18日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1116-4cf3957a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。