Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1115-5ed5d79f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東野圭吾【秘密】

あなたは人目のお客様です。

東野圭吾【秘密】 単行本:416ページ 価格:2000円
 出版社:文藝春秋 初版:1998年9月10日
 文庫:452ページ 価格:700円
 出版社:文藝春秋 初版:2001年5月
 週刊文春ミステリーベスト10 国内編
 1998年 3位
 このミステリーがすごい!ベスト10 国内編
 1999年 9位

  評価:75点

内容(「BOOK」データベースより)
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な「秘密」の生活が始まった。

映画化(小林薫、広末涼子)、連続ドラマ化(佐々木蔵之介、志田未来)でも知られる作品。ボリュームがある割には2時間程度で読める。東野圭吾の代表作の1つにも数えられる作品だが、しばらく前に書かれたせいか文章が若い。1985年という時代設定や、母娘入れ替わりという着眼点が良いと感じられた。個人的に主人公・平介の感情に共感しつつも、バスドライバーの謎に深入りする姿勢に納得いかず。きれいなまとめ方をしているけれども、傑作というには微妙な印象。個人的には、父親役に堤真一を連想した。 (読了日:2010年12月14日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1115-5ed5d79f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。