Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1094-2c592188

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

菊地良生【図説神聖ローマ帝国】

あなたは人目のお客様です。

菊地良生【図説神聖ローマ帝国】 単行本:119ページ 価格:1890円
 出版社:河出書房新社 初版:2009年6月17日

  評価:75点

内容(「BOOK」データベースより)
神に選ばれた帝国の興亡。皇帝が、王が、教皇が、入り乱れて錯綜する戦乱と陰謀。古代ローマ帝国への憧憬を抱き、ヨーロッパ覇権を求め続けた帝国の850年にわたる壮大な歴史絵巻。

普段は文字ばかりの本を読むことが多いので、図説があれば更にわかりやすいかもしれない…と思って手にとった本。しかしながら、テーマについてこれまで馴染みが薄かったせいか、理解するのがなかなか難しい。ヴォルテールの語った「神聖でもなければ、ローマ的でもなく、そもそも帝国ですらない」という言葉は一面的な評価でしかないと思うが、それにしても複雑である。あまり歴史に馴染みのない人向けの本になっていても、隣国であるフランスと比べてややこしい。ざっと流れを掴む分には良いと思うが、深く考えるには情報量が少ない印象を抱いた。 (読了日:2010年10月29日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1094-2c592188

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。