Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1070-be69533c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

貴志祐介【悪の教典】

あなたは人目のお客様です。

貴志祐介【悪の教典】 単行本:(上)440頁(下)416頁 価格:各1800円
 出版社:文藝春秋 初版:2010年7月30日

  評価:80点

■内容紹介
「俺には感情がないらしいんだ」。生徒からの絶大な人気を誇り、職員室やPTAの間でも信頼の厚い教師、蓮実聖司(はすみ・せいじ)。好青年の貌(かお)をもち、高いIQを誇る蓮実の正体は、決定的に他者への共感能力に欠けた反社会性人格障害(サイコパス)だった。

著者の作品を手に取るのは、【黒い家】、【青の炎】、【新世界より】に続いて4冊目。【新世界より】では、スケールの大きさを感じさせる内容が印象に残る。今作の舞台はぐっと身近になっていて、現代の東京都町田市にある私立晨光(しんこう)学院町田高校。主人公はその教壇に立つ、英語教師である。一風変わったキャラクターをしているのだが、「彼がどう違うのか」設定が積み上げられていく上巻は興味深い。

下巻になると大量殺人が描かれていくのだが、ノリは随分と軽い。雰囲気的には、高見広春【バトル・ロワイアル】を思い起こさせる。細かい設定とか緻密さより、勢いを感じさせる展開である。個人的には楽しんだが、受け入れられない人もいるかもしれない。描写に最近の世相を反映しており、「実際こういう事件が起きたら」どうなるか、思いを馳せた。

出版社は公式サイトを設けており、そちらで第1章(73ページ)をPDFでダウンロードできる。読むかどうか、そちらを決めてもいいだろう。主人公のTwitterアカウントも用意されていて、読了後にツイートを読むとニヤリとさせられる。作品を映像化するとしたら、主人公は谷原章介、要潤あたりだろうか? (読了日:2010年8月17日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1070-be69533c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。