Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1066-94f1a8a9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ハゲタカ】

あなたは人目のお客様です。

映画【ハゲタカ】 製作国:日本 上映時間:134分
 製作年:2009年 劇場公開:2009年6月6日
 監督:大友啓史
 ◇出演
 大森南朋 鷲津政彦
 玉山鉄二 劉一華
 柴田恭兵 芝野健夫
 栗山千明 三島由香
 遠藤憲一 古谷隆史
 松田龍平 西野治
 中尾彬 飯島亮介

  評価:70点

■あらすじ
投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく「ハゲタカ」の異名を取っていた鷲津政彦は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む。

-----------------------
芝野(左)と鷲津NHKの土曜ドラマ(全6回)で放送された作品の後日談を映画化したもの。民放地上波でよくある【○○ THE MOVIE】的な位置づけと言っていいだろう。そちらを全く観ていない人には勧められない作品である。
また、連続ドラマが90年代後半~00年代前半の日本社会をモデルにしていたのに対し、2007~08年頃の社会情勢を取り上げている。サブプライム問題や中国ファンド、オイルマネーといった要素が登場。日本における企業買収は金に物を言わせるやり方より、親しみやすいイメージを打ち出すことが大事、ということも描かれている。
映画としての出来は悪くないのだが、派遣労働者の扱いがいささか中途半端であり、また終盤からエンディングにかけて感傷的なまとめ方をしていることが気にかかった。 (鑑賞日:2010年8月9日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1066-94f1a8a9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。