Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1050-d2413225

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

冲方丁【天地明察】

あなたは人目のお客様です。

冲方丁【天地明察】 単行本:475ページ 価格:1890円
 出版社:角川書店 初版:2009年12月1日
 第31回吉川英治文学新人賞
 第7回本屋大賞

  評価:85点

内容紹介
江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること--日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみずみずしくも重厚に描く傑作時代小説!!

渋川春海の名前は知っていたが、彼が碁打ちを生業とし、算学が趣味、そしてどのように暦作りに挑んだかまるで知らなかった。それぞれの分野に疎い人間でも、その面白さや難しさが伝わってくる内容。表現力豊かな文章は、とても読みやすい。

のんびりした性格の主人公をはじめ、魅力的な登場人物が数多く登場する。特に会津藩主・保科正之は興味深かった。会津藩は幕末に到るまで幕府側であり続けたことで知られているが、その源流は彼にある。また強烈な個性を持つ和算の関孝和、実直な人柄の会津藩士・安藤有益も印象に残る。

惜しむらくは、終盤の展開にやや間延びした印象を受けること。序章に終章の一部を持ってきたことである程度読めてしまっていた部分があるし、登場人物たちがどのように生涯を終えていったか、いちいち記さなくても良かった気はする。それでも全体のクオリティは相当高い。 (読了日:2010年7月10日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1050-d2413225

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。