Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1027-4627becb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

石田衣良【池袋ウエストゲートパーク9 ドラゴン・ティアーズ龍涙】

あなたは人目のお客様です。
石田衣良【池袋ウエストゲートパーク9 ドラゴン・ティアーズ龍涙】 単行本:244ページ 価格:1600円
 出版社:文藝春秋 初版:2009年8月

  評価:65点

内容紹介
茨城の工場から中国人研修生が失踪した。彼女が戻らなければ仲間は強制送還される。マコトは中国人組織「東龍」の根城に乗り込む。

池袋に住む20代前半の青年マコトを主人公に据えた、石田衣良による社会問題風刺物語。池袋ウエストゲートパークシリーズを一言でいうと、そういう作品である。漫画の主人公よろしく、いつまで経っても年を重ねるということがない。

雑誌『オール読物』に掲載された短編4つから成りたっており、そこから単行本化までは少し間がある。ゆえにタイムリーさはあまり期待できないし、また人によって興味のある分野はまちまちだろう。

個人的な評価は『キャッチャー・オン・ザ・目白通り』…▲、『家なきもののパレード』…△、『出会い系サンタクロース』…▲、『ドラゴン・ティアーズ-龍涙』…○。最後の表題作は池袋のチャイナタウン構想も絡んでいて、なかなか興味深い内容だった。今後のシリーズに影響するような展開にも見受けられるが、これまでの経緯から考えて何も無かったことにされるのだろう。主要人物が長らく固定されていることによるマンネリズムはいかんともしがたい。 (読了日:2010年4月16日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1027-4627becb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。