Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1026-8f220f2b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

楡周平【骨の記憶】

あなたは人目のお客様です。

楡周平【骨の記憶】 単行本:508ページ 価格:1800円
 出版社:文藝春秋 初版:2009年2月

  評価:75点

内容(「BOOK」データベースより)
没落した東北の旧家の嫁のもとに届いた宅配便は51年前に失踪した父の頭蓋骨だった。差出人は、中学卒業後、集団就職で町を出てその翌年に火事に遭って死んだはずの同級生。いったい誰が、何のために―。隠されていた過去が、昭和の記憶とともに今、明らかになる。

------------------------------
岩手の寒村から始まる出だしに重たく暗い印象を抱いたが、内容としては興味深いものだった。「長沢一郎」という男の人生を描いた物語。これまでよく知らなかった歴史を学んだ。例えば集団就職。産業の少ない田舎の家に産まれた子どもたちが、中学卒業と同時に学生服を着て汽車に乗り、上京した。それが昭和20~30年代にあったという話は知っている。雇う側からすれば安い賃金で雇える「金の卵」。学校の進路指導担当は定期的に就職先を訪れて卒業生たちの様子を窺った…と見せかけて、企業から「来年もよろしく頼む」という意味で金品や盆暮れの中元歳暮を受け取っていた、ということがあったらしい。

成田空港の土地買収に絡んだ問題もそう。政府側の一方的なやり方に抵抗し、土地を守ろうとした人々…という構図が知られているが、時期や場所によってはいくらで土地を売却するか値を吊り上げる工作を行い、また反対運動にかぶれた左翼学生たちに農業を行わせ、その収益をそっくり懐に入れていた人間もいたようだ。物事というのは1つの面だけではわからない、ということだろう。

<以下ネタバレ含む>

主人公・長沢の人生については、起業に到るまでの話は面白く、【再生巨流】を思い出した。ただ、その後がいけない。土地買収に絡んだ話に関わりながら弾劾されることはなく、バブルがはじけてもビジネスにダメージがない。彼の身に起こるのは個人的な問題ばかりであり、それに終始した終盤に失速している感は否めない。読ませるだけの魅力はあるが、読後感は重たい。 (読了日:2010年4月9日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1026-8f220f2b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。