Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1024-0bdea1ef

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

佐々木譲【廃墟に乞う】

あなたは人目のお客様です。

佐々木譲【廃墟に乞う】 単行本:320ページ 価格:1680円
 出版社:文藝春秋 初版:2009年7月15日
 第142回(2009年下半期)直木賞

  評価:75点

出版社による内容紹介
主人公は、北海道警察捜査一課捜査員・仙道孝司。「ある事件」をきっかけに自宅療養をしている仙道は、休職中という自由な立場を生かして、持ち込まれた事件の捜査をします。警察手帳も持たず、拳銃も持てない仙道がどのような捜査をするのか?

------------------------------
作者らしく舞台は北海道、主人公は道警の刑事。変わっているのは、PTSDを抱えて休職中だということ。心の病を抱える人が増える昨今、警察もまた例外ではない。むしろ犯罪という人の闇に触れるからこそ、より厳しい環境かもしれない。(何が原因でPTSDとなったかは、最終章『復帰する朝』に記されている)

連作短編で取り上げられている事件は、地域性を感じるものから、近年実際に見られたようなケースまで様々。主人公が堂々と捜査出来ない立場であるため、深く踏み込むことができない。もどかしさについては、これまで読んだ筆者の作品の中でもトップクラスと言えるだろう。初めて読んだ人は、もやもやした感想を抱くかもしれない。余談だが、直木賞の選評を読むと、これ単体ではなく長年の活動が評価された、という向きも強いようだ。 (読了日:2010年3月26日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1024-0bdea1ef

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。