Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1015-6eb68622

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「恋人捜して」ツイッターの捜索願騒動

あなたは人目のお客様です。

■「恋人捜して」ツイッターの捜索願で騒動 警察は困惑 (2010年2月12日 朝日新聞)

恋人の男性が行方不明。情報ください――。140字以内の「つぶやき」をインターネットで発信する「ツイッター」で先月、こんな「捜索願」が駆けめぐった。家族から本物の捜索願が出された地元の警察署には、つぶやきを見たユーザーから真偽を確かめる電話が昼夜を問わず殺到。「恋人」は無事に見つかったが、署の幹部は「業務妨害になりかねない」と、新しいネットサービスが引き起こした騒動に困惑している。

「1/18正午頃より行方不明。男性。背は180センチぐらい、やせ形。長めの黒髪。眼鏡をかけてる。三重県伊勢市から四日市方面に移動。自殺するつもりのようです」

1月18~20日ごろ、ツイッターでこんなつぶやきが駆けめぐった。もともとの発信者は行方不明者の恋人の女性と見られる。多くのツイッターの利用者がこのつぶやきを引用してさらにつぶやいた。そのため、ねずみ算式に情報がネット上で共有された。「みつかりますように」「さがしてみたけどいなかった」などの反応もあれば、「デマでは」と疑う声も。

一方、家族からの捜索願を受理した伊勢署(同県伊勢市)には「ツイッターに書いてあるのは本当なのか」といった電話が相次いだ。女性はツイッターからリンクさせたブログで「何かあれば伊勢警察署へ」と書き込んでいたからだ。

ツイッターを見ていない署員らは「何で知っているのか」と慌てた。捜索願を受理した場合、まず非公開の捜索が原則だ。今回の件も公表していなかったため、「お答えできません」としか言えなかった。

同署の幹部は「女性はわらにもすがる思いだったかもしれないが、電話の対応に追われると、特に休日や夜間の当直態勢の時は事件、事故の対応にも支障が出かねない。今後こういうことが増えると思うと、先行きが不安だ」と話す。

男性は1月20日、富士の樹海で静岡県警に保護された。ツイッターでは、「【速報】恋人が発見されました!」と女性がつぶやき、それが瞬く間に引用されていき騒動は収まった。

ツイッターに詳しい敬和学園大の一戸信哉准教授(情報法)はこの騒動をツイッターで眺めていた。「さまざまな現象や情報がリアルタイムで共有されると非公開捜査などに影響が出てしまうが、こうしたことを完全に回避するのは不可能だろう。ただ、共有された情報から問題が早期に解決する可能性だって十分あるはずだ」と話している。

-------------------------------------
自分もツイッターをやっているが、こういうことがあったことをこの記事を読んで初めて知った。情報を補足すると、発信者は@shi_naで、ツイッターのプロフィールには捜索ブログへのリンクもあったようだ。ブログでは車のナンバーや電話番号など、詳しい個人情報が載っていた模様(現在はアカウント、ブログ共に削除されている)。そして、この呼びかけは「支援RT」「緊急RT」「出来るだけ多くのRTを!」というメッセージと共に広まっていった。こういった現象はツイッターに限らずソーシャルメディアでよく見られる。効果を発揮する時も稀にあるだろうが、しかしそれ以上に害が多い、というのが私の考えである。

今回の件についてこちらのサイトでログを丹念に追っていったが、情報がひたすら拡散されるばかりで役に立っているものは1つもなかった。「(移動しているのが)東京方面のよう」という、ソースのわからない情報が見られたぐらいである。中には勝間和代氏、津田大介氏といった、ツイッター上の有名人に「影響力が強いからRTしてくれないか」と頼む人もいた。

しかし実際のところ、わかっているのが風貌や車についてだけで何ができただろう。街を歩く人々を見たり、近くを走っている車の種類やナンバーを気にかけることくらいか。もしかしたら、そこで情報が掴めることもあるかもしれない。ただ、記事にある通り「この件は本当なのか」という問い合わせが増え、警察の業務に支障をきたすリスクを考えるべき。情報を知る人間が増えると、そういう野次馬が増えるのは仕方の無いこと。情報提供を呼びかけた人間が冷静ではいられないからこそ、第三者は落ち着いて事態を把握することが求められるのではあるまいか。

似たようなケースは2009年12月15日にもあった。「某病院で輸血用の血液が足りない!」というツイートがあり、それが多くの人々のRTとして広まっていった。そして、病院には「本当に血液が足りないのか」という電話が殺到した。だが、これはチェーンメールにもあったデマであり、もともとの発信者は非難されることになった。ただ、何のためらいもなくRTした人にも責任はある(その件についてツイートした最初の50人のうち、デマだと気づいたのは2人だけ)。「助けたい」「何かの力になりたい」という思いがあったにせよ、判断ミスであったことは確か。

朝日新聞の記事にコメントした一戸信哉氏が発言しているように、今後警察も対策を考える必要があると思う。しかし、問題を防ぐのは1人1人の見識であることに変わりはない。すぐにRTをする前に、ちょっと立ち止まって考えてみよう。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1015-6eb68622

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。