Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1013-ccb123eb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【崖の上のポニョ】

あなたは人目のお客様です。
映画【崖の上のポニョ】 製作国:日本 上映時間:101分
 製作年:2008年 劇場公開:2008年7月19日
 監督:宮崎駿 興行収入:155.0億円
 ◇出演
 奈良柚莉愛 ポニョ
 土井洋輝 宗介
 山口智子 リサ
 所ジョージ フジモト
 天海祐希 グランマンマーレ

  評価:60点

■あらすじ
海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、頭がジャムの瓶にはまり困っていたさかなの子・ポニョを助け出す。ポニョはクラゲに乗って家出してきたところだった。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかしポニョは、人間をやめて今は海の住人となっている父フジモトによって海の中へ連れ戻されてしまう。

-------------------------------
海面に出てきたポニョやわらかいタッチの絵で作られた作品である。ストーリーの展開が単純明快。幼いこどもが観ても、すんなりと理解できる内容だろう。逆に細かい説明は省かれているので、何かしらメッセージを読み取ろうとする人にとっては不満を感じるかもしれない。序盤、底引き網で海底に数多く落ちているゴミが映し出されるが、環境破壊を感じさせるのはそこくらい。また、海水が地面を覆う場面で「ノアの方舟かな?」と思ったが、そういうわけでもないらしい。宗介とポニョだけでなく、大人たちも随分とこどもっぽい印象を受けた。それを童心があると感じるかどうかは、人それぞれだと思う。リサの無謀な自動車運転はひやひやさせられる。

個人的には、ポニョの人面魚→半魚人→人間という変身過程が興味深かった。それにしても、インスマス人を連想させる半魚人形態がなぜぬいぐるみとして売られていたのか不思議である。可愛くないだろう、あれは。 (鑑賞日:2010年2月6日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1013-ccb123eb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。