Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1007-d8ce39f4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【エラゴン 遺志を継ぐ者】

あなたは人目のお客様です。

映画【エラゴン 遺志を継ぐ者】  ERAGON
 製作国:アメリカ 上映時間:104分
 製作年:2006年 日本公開:2006年12月16日
 監督:シュテフェン・ファンマイアー
 国内興行収入:18.7億円
 ◇出演
 エド・スペリーアス エラゴン
 ジェレミー・アイアンズ ブロム
 シエンナ・ギロリー アーリア
 ロバート・カーライル ダーザ
 ジャイモン・フンスー アジハド

  評価:50点

■あらすじ
遥か彼方の帝国アラゲイシアは、かつてエルフ、ドワーフが人間と共存する平和な土地だった。ところが今、帝国は邪悪なガルバトリックス王に支配されていた。辺境の村で叔父と暮らしていた少年エラゴンは、ある日森の中で青く光る石を見つける。しかしそれは、ドラゴンの卵で、やがてメスのドラゴン、サフィラが誕生する。エラゴンは、村の語り部ブロムからドラゴンとドラゴンライダーと呼ばれる種族がこの国を平和に統治してきた歴史を教わる。

ドラゴンのサフィアとエラゴン 「どこかで観たり聞いたことのあるような話の集積体だなぁ」というのが、率直な感想である。他の人のレビューで「スター・ウォーズ エピソード4みたいな」と書いていたが、確かに似ている。人間とドラゴンの関係は興味深い。ただ、雛だったドラゴンがいきなり大きくなる理由がわからない。また、人間関係や歴史について具体的な説明がないまま話がどんどん進んでいくことにも戸惑った。原作の内容を相当省略していることが見て取れる。
全体としては、映画を観たことのない小学校低学年向けなら、吹き替え版がいいかもしれない。だが、大人の鑑賞に堪える作品ではない。続編を匂わすような終わり方だが、シリーズ化されるほどヒットはしなかったようだ。 (鑑賞日:2010年1月29日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1007-d8ce39f4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。