Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1000-2c18b9cf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

佐々木譲【暴雪圏】

あなたは人目のお客様です。

佐々木譲【暴雪圏】 単行本:406ページ 価格:1785円
 出版社:新潮社 初版:2009年2月20日
 宝島社「このミステリーがすごい!」2010年 第8位

  評価:75点

■あらすじ
最大瞬間風速32メートル。十勝平野が10年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意がうごめいていた。暴力団組長宅への襲撃、雪の中で見つかった死体、不倫に悩む人妻、仕事でストレスの限界に達した会社員。交通の遮断された町の駐在、川久保篤巡査部長が取った行動とは。

-----------------------------
【制服捜査】に続く、川久保篤を主人公とした作品。3月になって激しい雪と風に町が閉じ込められてしまう、という現象があることに驚く。作中で語られるエピソードは、昭和30年代に中標津で児童22人が遭難、凍死したという実話をモチーフにしているという。そして現在遭難した時は携帯電話が命綱である、と。

複数の登場人物たちが、それぞれの事情で「密室」に集うという展開が古典ミステリーを思わせる。ゲーム【かまいたちの夜】では舞台のスキー場のペンションであったが、この作品では日常生活を送る町単位であることが、より困難さを際立たせている。

人物やエピソードについて丁寧に書いてあることは良い。ただ、(作者の著書にしばしば見られることだが)エピローグが設けられていないことに、大きな不満を抱く。短編ならそれもいいだろう。しかし長編なら、登場人物がその後どうしたか、きっちり描くべきだと私は考える。作品の質は高いだけに、もったいないと感じた。 (読了日:2010年1月3日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1000-2c18b9cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。